So-net無料ブログ作成

【閑話休題】「サイエンスコミュニケーターで食っていけるのか」

sachiさんの最新ブログエントリーから.

これって永遠の(?)触れてはならない命題(??)かも...

実は,三島での研究会の懇親会でも,同じような話が出たのですが,とてもブログ
ではアブナくて書けません...orz

追伸:
タネ本を教えていただきました.

The Hands-on Guide for Science Communicators: A Step-by-step Approach to Public Outreach

The Hands-on Guide for Science Communicators: A Step-by-step Approach to Public Outreach

  • 作者: Lars Lindberg Christensen
  • 出版社/メーカー: Springer-Verlag
  • 発売日: 2007/04/30
  • メディア: ペーパーバック


これって,対象は研究者?
研究者から一般市民に向けた,一方向のリニアモデルがいきなり出てきていますが...

言及ブログエントリー:
[サイエンスライティング]サイエンスコミュニケーションで食べていく?
(理系兼業主婦日記)

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

sachi

わーおっ♪
サイエンスコミュニケーターの方の生声を伺いたいと思っていたので、トラックバックしていただけて本当によかったです
ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゜☆。.::・'゜★。.::・'゜☆。ワーイ!!

きっと芸人と同じように、一握りの方はそれで食べていけるようになり、そのほかは片手間になってしまう・・・のが現状なんですよね(おそるおそる
by sachi (2008-05-11 17:10) 

K_Tachibana

sachiさま
コメントありがとうございます.
私はサイエンスコミュニケーターかどうか,自分ではグレーだと思っていますが(職業としてのサイエンスコミュニケーターではないので),こちらこそコメントいただき,ありがとうございます.

個人的には,サイエンスコミュニケーターは職業というよりも職能的なもののひとつだと思っています.sachiさんの仰られていることは至極正論で,あまりきちんと詰めて話されることがなかったのではないかと感じています.

この話だけでも,オフ会がひとつ組めそうです.根が深い話なので.
by K_Tachibana (2008-05-11 17:18) 

なかを

 サイエンスコミュニケーション自体が,大学や研究機関,役所などの開催する,無償の事業から出発しているので,研究者サイドには,どうしても「片手間」「本来の仕事ではない」,ひいては,「金を取るものではない」と言う思い込みがあるように思います。
 本当は,コミュニケーションのために必要なスキルを身につけるのは,そんなに簡単なことではなく,「伝える技術」だけでも,ひとつの専門分野として体系立ててゆく必要があるのではないかと思います。

 これと似たような状況にあるのが,自然解説者の世界。今では「プロのナチュラリスト」を自称する人も何人か現われましたが,もともと自然観察会って,ビジターセンターや科学博物館のイベントとして,無料またはきわめて低廉な価格で,学芸員やボランティアワークによって運営されてきたわけで,主催団体も,フリーランスの「プロ」に10万円ぐらいの講師料を払って自然観察イベントを依頼する,と言うセンスには,なかなか馴染まなかったわけです。
 サイエンスコミュニケーションも,情報の受益者である参加者に,高額の負担を強いることの出来ない分野ですから,タレントのような形のコミュニケーターしか,現時点では成り立たない,と言えそうです。主催者が高額のギャラを負担し,タレントとしてのネームバリューを買うことで,宣伝効果を期待し,参加者には無料(ないしは低価格)でイベントを提供する。ギャラを払うなりの集客力のある人しか,フリーランスのコミュニケーターとして成り立たない。
 そんな現状なのではないでしょうか?

 私の場合,プロの科学者としてサイエンスを語る場面と,アマチュアの自然解説者として語る場面の,どちらも持っているので,その立場の使い分けもけっこう難しい。「アマチュア」と言っておきながら,そこいらの「プロナチュラリスト」よりも専門性が高くて経験数もこなしているわけだから(現在,年間40本ぐらいのペースで一般向けに喋っています。しかも,ギャラは無料か格安……),あまり活動すると,「プロナチュラリスト」の敵になりかねない。
 この辺り,少々ジレンマがあります。

by なかを (2008-05-11 22:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0